院内感染防止への取り組み

立花病院は、感染防止に常に先進的な取り組みを実施しています。

1. 病院玄関における天蓋殺菌紫外線灯の設置により、院内への出入り時に間接照射での滅菌を行っています。

2. 病院の玄関前のカーペットに光触媒を塗布し、恒常昇化滅菌を行っています。(人畜ともに無害です。)

3. 玄関ロビー内に殺菌清浄装置を設置し、院内空気の清浄化に努めています。

4. 空気清浄・滅菌装置「レジオ・キル」の運用による院内での送風、換気にて滅菌を実施しています。

5. 水清浄・滅菌装置「バイオ・キル」を給湯ボイラーへ設置し、特殊浴槽(オンライン浴槽、チェアーイン浴槽)の給湯への滅菌を行っています。

6. 特殊浴槽の循環温水タンク内のフィルターへ、ガラス繊維を使った「バイオ・キル」を挿入し恒常的滅菌作業を行っています。

7. 院内各洗面所(トイレ)の壁面への光触媒液塗布により、室内滅菌の恒常化を行っています。

8. 感染源となるため、鉢植え、切り花等の生花の院内への持ち込みを禁止しております。
 ※)お見舞の皆様にもご遠慮願っております。ご協力をお願いします。