ホスピス緩和ケア外来

ホスピスとは、がんを主に治療困難な状態の患者様に対して、痛みや不快な症状を和らげ、患者様を含め、ご家族の苦しみや悩みに対してもケアにあたるところです。
患者様が最期まで人間らしく、尊厳を持って有意義に過ごすことができるように援助します。

様々な専門家によるチームで身体的な苦痛を取り除くだけでなく、孤独感・不安などを軽減し、患者様とご家族が大切な時間をできる限り快適に過ごしていただけるようお手伝いします。

(外来診察時間 毎週 水曜日 ①10:00~ ②11:00~ ③13:30~ 完全予約制)

立花病院ホスピスでは

患者様の思いや考えを尊重します。
患者様が痛みやその他の様々な症状で苦しんでいる時には、その苦しさを和らげます。
患者様のケアをするために、医師、看護師、ソーシャルワーカー、理学療法士、薬剤師、栄養士などのスタッフが協力します。
患者様がご家庭での療養を希望されるときには必要な援助をします。
患者様と同じように苦しみの中にあるご家族に対しても、心の安らぎが得られるように支援します。

ホスピスの理念

一人ひとりの個別性と家族のつながりを尊重した全人的アプローチで患者様が、
その人らしく、より良く生きることができるように支援します。

患者様、ご家族、愛する友人の方々とともに、医療を越えた「いのち」の尊厳を大切にしていきます。

入院までの流れ

1.まず、お電話ください。ホスピス外来を予約させていただきます。

2.ホスピス外来受診時は現在受診している医師の紹介状とレントゲンフィルム等をお持ちください。

ホスピス外来は予約制です。お越しになる方は、ご家族だけでもかまいません。
外来受診後、病棟を見学していただくことができます。
相談・見学だけでもうけたまわります。まずは、お電話ください。

お問い合わせ窓口:立花病院 地域連携室
TEL 06-6438-3761(代表)

電話相談 平日9:00 ~ 16:00
ホスピス外来 毎週 水曜日 ①10:00~ ②11:00~ ③13:30~ 完全予約制

ホスピスQ&A

ホスピスでは、どんなことをしてくれるのですか?

1.痛みや食欲不振、体のだるさ、吐き気など身体症状の緩和ケア
2.不安、恐れ、孤独感などの精神的問題に対するケア
3.社会的、経済的な問題に対する相談、アドバイス
4.家族のケアなど

ホスピスは「治療」をしてくれないところなのですか?

ホスピスでは、がんに対する、直接的な治療は行いません。患者様の苦しみをやわらげるような
治療は積極的に行います。民間療法も患者様の負担にならない限りご希望をお聞きします。

一般の病棟と何が違うのですか?

1.ホスピス病棟は明るく静かな環境が提供できるように工夫されており、病室は、ほとんどが個室です。また、広いロビーや台所、家族控え室など、静かで家庭的な雰囲気を工夫しています。

2.一般の病棟よりも患者様に対する看護師の数が多く、より細やかなお世話ができるように配慮されています。医師や看護師のほか、ソーシャルワーカー、理学療法士、薬剤師、栄養士などがチームを組んで、さまざまな面から患者様のお世話に当たります。

患者様が病名を知っている必要がありますか?

ホスピスでは、患者様が病気や病状をご存知であることを原則としていますが、状況に応じてご相談を受けます。

外出・外泊はできますか?

ご希望があれば、外出・外泊は可能です。症状が落ち着いていれば退院することもできます。

ホスピスに入院すればすべてそこで死を迎えることになりますか?

患者様の症状が軽快すれば、退院し、外来通院をしながら、症状に応じて入退院を繰り返すこともできます。

ホスピスについてもう少し詳しく知りたい場合はどうしたらいいですか?

電話でホスピスにご連絡ください。質問をお受けし、必要に応じてカウンセラーが面接し、ホスピス病棟の見学を案内します。

病棟配置図

病棟配置図

ホスピスの設備

ホスピス病棟
ホスピス病棟
談話室
談話室
個室(室料差額無し)
個室(室料差額無し)
個室(室料差額無し)
個室(室料差額無し)
特殊浴槽
特殊浴槽
ご家族様用キッチン
ご家族様用キッチン