職業倫理規定

医療法人尼崎厚生会立花病院において、すべての職員が病院理念および基本方針に基づき、意欲と誇りをもってその使命を果たすことを目的とし、次の通り職業倫理に関する規定を定めます。

1.  医療サービスの質の向上を図るため、確かな知識の習得と技術の研鑽に努めます。

2.  医療の公共性を重んじ、地域社会へ貢献するとともに法規範の遵守に努めます。

3.  患者様の人権を尊重し、良心をもって、平等に接し、十分な説明と同意に基づく患者様本位の医療を実践します。

4.  患者様の信頼を得るために、医療内容やその他必要事項について十分な説明を行います。

5.  患者様のプライバシーを尊重し、職務上知り得た情報の守秘義務を遵守します。

臨床における倫理方針

患者様の尊厳及び人権に配慮して、患者様にとって最善の医療を適切かつ十分に提供することを目的として、次のように臨床における倫理方針を定めます。

1. 患者様の自己決定権を尊重し、患者様が自己決定できるように、専門職として考えられる最善の方法を助言する等、正確な情報を提供します。

2. 患者様の人権を尊重し、患者様の利益のために積極的な行動をとります。

3. 患者様の治療にあたっては、関係法令、ガイドラインを遵守します。