院長のご挨拶

 当院は、昭和18年の近隣での医院の開業を受けて、昭和27年に現地で開設されました。以後、創設者の“医療の中心は患者様”とする信念の下で、地域の医療を担って来ました。
 開設当初から、一般急性期病院として機能して参りましたが、地域の方々の高齢化など、社会の環境の変化に伴って地域が必要としている療養医療へと、順次機能を転換して来ました。

 これからも地域医療計画が策定され、着々と進む中で、当院が担うべき医療分野を理解・認識して外来診療はもちろん、地域の基幹病院、医院、クリニック、介護施設、訪問看護ステーション等々との連携をより深めて、患者様やご家族が安心して頂けるように、より迅速で適切な対応に努力して地域のお役に立ちたいと考えています。

 そして、職員一人一人が自分の専門分野での研鑽を深めて、多様化・複雑化する患者様お一人お一人に、優しさと思いやりの込もった接遇とACP(Advance Care Planning)に基づく、決め細やかで質の高い医療・看護を提供すると共に同一法人内の「立花介護老人保健施設」「たちばな介護支援センター」「ディサービスそれいゆ」等の介護事業所と連結した、患者様やご家族に安心して頂ける、切れ目の無い一貫した医療介護サービスの提供に努めます。

院長  河 良明

昭和46年神戸大学医学部
消化器外科

日本外科学会指導医
日本消化器外科学会認定医

病院理念

博愛・奉仕・誠実

基本方針

信頼

優しさ・思いやり・奉仕の精神で患者の皆さまのご要望と信頼に応える医療サービスを実践します。

連携

地域の先生方と手を取り合って地域医療に貢献します。

質の高さ

絶えず研修、研鑽し、質の高い医療を提供します。

医療サービス

診療情報や医療・保健・福祉のサービスの活用について情報を提供します。

病院基本目標

平成30年度 立花病院事業計画

1)数値目標 入院患者数265人/日

2)医療療養病棟2(60床)の医療療養病棟1への転換を目指します。

3)健全な経営

  ・職員の意識を高揚させる。

  ・適正な職員配置に努める。

  ・業務の見直し及び改善を行う。

4)医療の質の向上

  ・研究・研修支援を強化する。

  ・各委員会の充実を図る。

  ・職員の確保を図る。

  ・職員の離職防止。

5)地域医療

  ・救急及び外来診療の対応拡大に努める。

  ・地域連携室機能の強化(後方支援活動の充実)。